不動産重要が高くる可能性

ホームへ戻る > 不動産重要が高くる可能性

環境に優しい住宅づくり
冬でも暖かく快適な家に住みたい
住宅の老朽化問題
耐震化の強化
自由設計で住宅を建てる件数が徐々に減少

不動産重要が高くる可能性宮城県の人口は、約233万人で世帯数は約90万世帯です。県庁所在地は仙台市で、仙台市の人口は、約100万人で宮城県の人口の約30%を占めています。宮城県の特産物として有名の物に「笹かまぼこ」が挙げられますが、これは、太平洋に面した宮城県では漁業もさかんで、地元で取れた新鮮な魚介類を材料として作られた加工品です。


宮城県の不動産事情は、土地価格推移を見てみると、年々平均坪単価は下落傾向にあり、1991年の31.8万円以降、下落が進み2006年には最安値27万円までに下がっています。宮城県内での不動産価格の高い地域はやはり、仙台市青葉区で坪単価は96.5万円と県内トップです。

不動産サイト
http://www.greentree.co.jp/10estate/

全国では67位になっています。続いて仙台市若林区の30.1万円、仙台市宮城野区の27.8万円となっています。やはり、仙台市は大都市なので、東北地方の中では土地価格が高い状況になっています。


再開発が期待されるのが、2015年開業予定の市営地下鉄東西線沿線です。仙台市東部(若林区)にマンションが建てられるということで脚光を浴びています。仙台市若林区は坪単価も宮城県で2位と魅力のある地域ですので、今後の、不動産重要が高くる可能性が非常に高いと言えるでしょう。

不動産会社ホームページ
http://www.greentree.co.jp/10estate/