環境に優しい住宅づくり

ホームへ戻る >  不動産重要が高くる可能性  > 環境に優しい住宅づくり

環境に優しい住宅づくり富山県の黒部川、早月川、庄川などの主要河川は、県の地形が立山連峰をはじめとする山岳地帯から富山湾まで全てが直線でつながっていることから、世界でも有数の急流河川といわれています。富山県の年間降水量は全国平均の1.4倍もあり、水量が豊富であります。この豊富な水を利用して、明治期以降、水力発電にも力を入れてきました。水力発電は自然のエネルギーであり、二酸化炭素排出量も少なく、環境に優しいというのが特徴です。しかも、水力発電は太陽光発電などの他の自然エネルギーと比較しても、供給安定性があります。

富山県では、近年小水力発電に力をいれるようになりました。小水力発電は農業用水を利用するため、農業離れで利用が少なくなってきている農業水利施設を上手く利用することで、地域にも地球にも優しいエネルギーといえるでしょう。また、一戸建て住宅にも環境に優しい材料や構造が取り入れられるようになってきました。工務店やハウスメーカーが「環境に優しい住宅」というキャッチコピーで売りに出しているところもあります。工務店によって、どのような点に配慮しているのかが異なりますので、まずは工務店やハウスメーカーに出向いて話を聞いてみるのが良いでしょう。