冬でも暖かく快適な家に住みたい

ホームへ戻る >  不動産重要が高くる可能性  > 冬でも暖かく快適な家に住みたい

冬でも暖かく快適な家に住みたい石川県は南北に長く、南半分が能登地方、北半分が加賀地方で、お天気も二つに分かれています。石川県の山間部では平野部に比べ2~4倍の積雪も記録され、石川で家を建てる方のほぼ全員の方が望んでいることは、冬でも暖かく快適な家に住みたいということです。その希望をかなえるために、工務店やハウスメーカーは断熱性と気密性を高める方法を考え、それを建築現場に取り入れ、現在では高気密高断熱の家が建てられるようになりました。

石川県で快適な家を建てたいと思うならば、その土地の特性を十分に理解した工務店やハウスメーカーに依頼すると間違いがないでしょう。しかし、この断熱性と気密性を高めることばかりに重点を置いてきたせいか、新たな問題が生じているのです。それは、家の気密性を高めると湿気が溜まりやすくなり、夏にはカビが繁殖しやすくなり、冬には結露として現れます。そして、空気の逃げ道がなくなるために、シックハウス症候群やアレルギーなどの原因になってしまうこともあります。また、断熱性を高めると温められた空気が長時間保たれるようになります。冬は暖かくて快適なのですが、夏も温められた状態が続く為に、部屋が暑くなってしまいます。そうなると夏は暑くてエアコンなしではいられなくなります。