狭い土地で快適な空間を求めた家づくり

ホームへ戻る >  設計施工一貫体制の家づくり(和歌山県)  > 狭い土地で快適な空間を求めた家づくり

大阪府で一戸建てを建てる場合人気の地域は中心部よりやや離れた地域になります。ドーナツ化現象で知られているように中心部に居住する人は少なく、周辺に家を持つ人が多いのが特徴です。市内は住宅地として人気はありますが、「郊外のほうが、環境が良いためいい」という人も多く見られます。市内で高級住宅地と言われている地区は天王寺区の一部や、住吉区帝塚山や、阿倍野区の一部です。また大阪は関西の近県へのアクセスが良いため京都や兵庫に家を持つ人も多くいます。大阪は東京と並び大都市特有で、全国で比較すると、持ち家率が非常に低く、延べ床面積も狭いです。ですが持ち家率が低い地域は家賃が高いのも現状です。府内で家を持つ場合、多くは建売住宅となります。

しかし、狭い土地でも大阪には快適な一戸建て住空間を造り出す工務店や建築家がおり、大手のハウスメーカーよりも、親切・丁寧に相談に乗ってくれることがあります。また、注文住宅等を工務店等に依頼して建てる場合、郊外に建てることが多いようです。郊外といっても交通機関が発達しているので、一時間もかからずに中心部に行くことができるので、あまり不便は感じません。最近では自然を意識した家というものが多く見受けられ人気のようです。こうした、こだわりの家を建ててくれる工務店を紹介する本なども出ています。