昔ながらの町家

ホームへ戻る >  設計施工一貫体制の家づくり(和歌山県)  > 昔ながらの町家

京都というと観光地のイメージが強く、生活する場所としてのイメージが薄い感じがします。京都には昔ながらの町家が並んだエリアがあり、その町ならではの習慣や人付き合いが大変で、気苦労が多く10年住んでもその町の住人として認められていない気がする、四条、烏丸周辺の中心地は交通の便はいいのですが、商業地区で渋滞も激しくあまり子育てをするのに適した環境とはいえなない、道が狭く入り組んでいて車での移動大変であるなど否定的な意見が多いようです。

しかし、好環境のエリアもあります。鴨川の上流で「高野川」と「賀茂川」にはさまれた「下鴨」エリアは東西には川のせせらぎがあり森に覆われた下鴨神社もある好環境です。閑静な住宅街であるこのエリアは昔ながらの商店街やスーパーもあり、大変便利です。区画整備も進んでいるこのエリアは物件自体が少なく、一戸建てを構える適当な大きさも土地はなかなか手に入れることは難しいのが現実です。しかし、訪れた人なら誰もが住みたくなるような場所であればこそ一戸建てを建てる価値があるというものです。そんな時、頼りになるのが、この京都市内でワンランク上の一戸建てを手掛ける工務店の存在ではないでしょうか。


これから子育てをする若い世代にはなかなか手が出ない物件ですが、老後を静かに暮らすための一戸建てを探している世代の方には、京都下鴨エリアはおすすめです。