タッチパネル型スマートフォンを使える手袋

ホームへ戻る >  スタイルのある「家」をかしこく手に入れる  > タッチパネル型スマートフォンを使える手袋

タッチパネルは指で表面を押して使うものですが、種類によっては反応するものに違いがあります。たとえば電磁誘導方式の場合は専用のペンでなければ反応しませんし、静電容量方式では指以外のものに反応しないようになっています。これは誤作動を防ぐためのもので、たとえば操作をしている時に、袖口やネクタイなどが表面に触れただけで指示が入力されてしまわないようにするためでもあります。


1番広く普及している抵抗膜方式のタッチパネルの場合、指以外でもペンなどの固いものや、手袋、プラスチックなどにも反応します。感度が良いということは、そのまま操作のしやすさにも反映されますが、やはり指先で操作をすることを考えると、誤入力などが心配になります。そこでスマートフォンなどには静電容量方式のタッチパネルが採用されることが多くなっています。静電容量方式では、指以外の部分、たとえば爪にも反応しませんし、もちろん手袋や衣服、ネクタイといったものが表面に触れてしまっても誤作動を起こすことはありません。

ただ、冬になると外でスマートフォンを操作する場合など、いちいち手袋を脱いでから操作をするのでは手間がかかりますし、寒さも感じることでしょう。そこで静電容量方式のタッチパネルにも反応する手袋が人気を集めています。この手袋は導電性糸という特殊な糸を編みこんでいるため、指とタッチパネルの間におこる静電気を伝達してくれることができるのです。ですから、寒い冬でも手袋をつけたまま、スマートフォンを操作できる人気のアイテムとなったのです。