歯列矯正が必要になる原因とは

ホームへ戻る >  スタイルのある「家」をかしこく手に入れる  > 歯列矯正が必要になる原因とは

歯並びが悪くなる原因は、1つではありません。いくつかの理由があります。 


遺伝が原因で、歯並びが悪くなることがあります。歯の大きさや、本数は、遺伝によって決定されるからです。そのため、永久歯が足りない、という悩みを抱えている場合、時期にもよりますが、待っていても生えてくる可能性は少ないので、歯列矯正での治療をおすすめします。 


食べ方によって、歯並びが悪くなることがあります。柔らかいものばかり食べている人は、要注意です。固い食べ物を食べないでいると、あごが十分発達しなくなります。あごが発達しないと、歯の生えるスペースも確保されません。だから、狭いところに歯が生えてくるので、歯並びが悪くなり、歯列矯正の必要性が高まります。

癖が原因で、歯並びの悪さが誘発されている場合があります。爪を噛んだり、指しゃぶりを続けていると、前歯がかみ合わなくなってしまいます。また、唾をのみこむときに、舌を突き出したりするのも良くありません。歯列矯正を行うクリニックで、そうした癖の改善について指導されることがあります。 


病気という原因も考えられます。幼い時にした大きな病気が原因で、歯の一部に形成不全が起きることがあるからです。乳歯の時に、虫歯やほかの原因で、DやEが早期に喪失した場合、6歳臼歯が、後ろ側に生えてしまうため、でこぼこになってしまうこともあります。 


口呼吸も原因となります。鼻呼吸が正常な呼吸です。口呼吸は、口の中を乾燥させるので、病原菌に対する抵抗力が弱まってしまいます。したがって、顔面の成長や発育に、良くない影響を及ぼしてしまいます。