入れ歯の費用

ホームへ戻る > 入れ歯の費用

インプラント治療方法
歯の治療と歯垢・歯石
インプラントの長所
顎関節症の原因
9~12歳の歯列矯正

入れ歯を作ってもらう際、最初に保険適用内の物にするか、自由診療(保険適用外)による、ものにするかを選ぶことになります。保険適用内であれば金額は安価になりますが、その分材質としては合成樹脂などを使用したものが多く、保険適用外であれば金額は高くなりますが、品質の高い材質を使用することが可能になります。


保険適用内の場合、総入れ歯(上下どちらか片方)、部分入れ歯問わず1万円程度ですが、保険適用外の場合は使用する材質によって変わってきますが、総入れ歯の場合で1万円~10万円程度と言われています。部分入れ歯の場合は歯の治療状態になどによって大きく違いますが、数万円から、高いものでは100万円位になるものもあるようです。

また、一度作ってしまえばそれで終了と言うわけではなく、定期的にメンテナンスをする必要があります。これは歯の抜けた部位の骨が時間の経過と共に変化してくると言うこともあり、その都度口内の環境に合わせて作り変える必要が出てきます。さらに、使用している素材によっては壊れやすいものもあり、使い続けているうちに金具が変形した、人工歯にヒビが入ったなどのトラブルが発生することによって補修をしなければならない場合もあります。


入れ歯を作る際は作った後のことも考え、長期的に見ておくほうが最終的に手間やコストを減らすことが出来るようになるので、必ず歯科医師、もしくは歯科技師の方と相談の上決定するようにしましょう。