歯の治療と歯垢・歯石

ホームへ戻る >  入れ歯の費用  > 歯の治療と歯垢・歯石

虫歯になって、歯の治療を受けないといけなくなる前に、歯科医院に行って、歯垢と歯石を取ってもらったほうが良い、と言われます。確かに、歯垢や歯石をためていると、そこから雑菌が繁殖し、虫歯になりやすくなるのは予想がつきます。では、歯垢と歯石の違いは何でしょうか? 


歯垢というのは、口の中で繁殖した細菌が、プラークというねばねばした物質とともに、歯にくっついていることを言います。細菌の塊(バイオフィルム)と呼ばれています。歯の表面や、歯と歯茎の間にたまっています。白っぽい色をしています。歯垢は歯磨きの時に、歯ブラシで取り除くことができます。しかし、きちんと歯磨きできていないと、歯垢が溜まったままとなり、口臭や歯周病、虫歯の原因となります。

歯石は、歯垢が進化したものです。歯垢を口の中にためておくと、唾液中のカルシウムにより凝固してきます。一度凝固して、歯石になってしまうと、歯磨きをしても取れなくなります。歯垢から歯石になる期間は2日間と、たいへん早いです。歯垢が取れていても、歯石が残っていたのでは、意味がありません。虫歯の原因となり、歯の治療が必要になってしまいます。 


歯の治療を行う一般歯科で、歯垢と歯石の除去と治療ができます。プラークコントロールを行い、歯垢を除去します。鎌型スケーラー、超音波スケーラーという道具を使って、歯肉縁上の歯石を除去するスケーリング、鋭匙型スケーラー、超音波スケーラーを使ったディープ・スケーリングなどの方法があります。虫歯があるときは、歯の治療も並行して行います。