総入れ歯について

ホームへ戻る > 総入れ歯について

インプラントの費用
便秘に良いのは硬水?軟水?
ウォーターサーバーを設置する前のチェック
顎関節症の症状~顎
歯列矯正のチェック(歯並び全体)

総入れ歯とは、文字通り「上下どちらかの口内の歯を全て補う」ための入れ歯の事を指します。それぞれ上顎用、下顎用で分かれており、保険適用内であればどちらも似た金額で作ってもらうことが可能です。


歯を全て補うことから大きさもそれなりにあり、装着時には多少の違和感が生じること、粘膜を広範囲で覆い隠してしまうことから、材質によっては異物感が残る、物を噛むときに力を出せないなどと言ったこともありますが、使用する素材などによってカバーすることができます。通院期間も短く、比較的短期間で通常の食生活に戻ることができるでしょう。


ただし、歯を全て失うと言うことはほとんどなく、やはり高齢者の方で使われることが多いです。また、重度の歯槽膿漏によって周囲の歯を全て抜歯しなければならなくなったと言った事情によって総入れ歯を作ると言うケースもあります。

入れ歯と聞くと年寄臭いと言ったイメージが少なからずあるようですが、歯の悩みと言うのは非常にナイーブなもので、特に最近ではインプラントなどのような抜本的な治療法などもありますが、失った歯を補うと言う意味において入れ歯と言う選択肢は最もリスクの少ない方法でもあります。


特に口内で大きなトラブルや悩みを抱えており、周辺の歯を全て抜歯しなければならないような事になっても、素材によっては天然の歯と見分けがほとんどつかず、さらに快適性を高めたものも数多くありますので、年齢問わず悩みがあるようでしたら歯科医師と相談するようにしましょう。