最低使用量に注意

ホームへ戻る > 最低使用量に注意

ドリルを使わない治療法
水の性質を利用する
ボトルウォーターを修理するには
水道水をおいしく飲むには
水の中の生物

健康に気を使って良い水を使いたいと考えて、水宅配業者のランキングなどから情報収集をするとします。その際に気にしておきたいのが「最低使用量」の記述です。


水宅配サービスは、ウォーターサーバーをレンタルして自宅に設置しておき、定期的に水ボトルが届けられるか必要に応じて注文して届けてもらうというスタイルを取るのが一般的です。定期的に宅配される形をとっている場合、特に気にする必要はないのですが、必要に応じて注文するという形の場合、「最低注文量」という規定がないかどうかを気にする必要があります。

これは文字通り、ある期間でこれだけの量以上は注文してくださいという規定であり、主にウォーターサーバーレンタル料が無料である水宅配サービスで見られる規約です。この最低注文量を下回るとどうなるかというと、無料だったサーバーレンタル料が有料になるという措置をとることが多いようです。要するに全く利益なしでサーバーだけ置いておくことはできませんということでしょう。ある業者の設定を参考にしてみますと、3ヶ月で12リッターボトル6本未満の利用だと、無料だったサーバーレンタル料が1050円になるようです。これは6本/3ヶ月を上回ると自動的に無料に戻るようです。


この辺りのことは記載しているランキングとしていないランキングとがあるのですが、契約を考える上では非常に重要なことですので、仮にランキング上の情報に載っていなくても、業者のHPなどでしっかり確認するほうが良いでしょう。