ドリルを使わない治療法

ホームへ戻る >  最低使用量に注意  > ドリルを使わない治療法

歯科医院を嫌っている人の多くはドリルによる治療が嫌だと感じているのではないでしょうか。痛みよりもあのドリルが回転する音、そして歯をガリガリと削っていく感触。恐怖感と嫌悪感を感じて気持ち悪くなってしまう人も多いようです。しかし技術の進歩もあり、歯科業界ではドリルを使用しない治療も導入されています。


たとえばカリソルプ。これは専用の薬剤を使用することで虫歯がある部分の歯だけを溶かす治療法です。最大の特徴は歯全体を溶かすのではなく、虫歯がある部分だけを溶かす点。そのため使用しても健康な歯の部分にはまったく影響がありません。虫歯の部分に薬剤を使用し、30秒ほど経過したところで溶けた虫歯の部分をかきだし、詰め物を補填するだけです。異端もほとんどありません。ただ、現在この治療を取り扱っているクリニックは非常少ないのが現状です。

もうひとつの方法、とくに近年になって注目されているのがレーザー治療です。医療用レーザーを照射することで虫歯ができた部分を蒸散することができます。その後通常の治療と同様、レジンを補填するだけで治療は完了です。なお、虫歯の治療に使用されるレーザーはエルビウムヤグレーザーと呼ばれる種類です。


こうした治療ならドリルの独特の圧迫感や恐怖感もなく治療を受けることができます。どちらも保健適用外なので高額な費用がかかりますが、どうしてもドリルはダメ、怖くて受けられないという人におすすめの治療方法となるでしょう。これらの治療を導入している歯科医院を探してみてはいかがでしょうか。